宝ヶ池クローバーマーケット2019 出店させていただきました♪

いやぁ~ホントに素敵な一日でした(๑‾̄〰‾̄๑)

主催者のみなさま、ありがとうございました。

そしてミュージシャンのみなさん、お疲れ様でした。

こちらのイベントはIrish Music Party in KYOTO 3rd (宝ヶ池クローバーマーケット2019)という、アイリッシュ系ミュージシャンが演奏する場を囲んでいろいろなお店が出店するという、とてもおもしろいイベントでした。

宝ヶ池クローバーマーケット2019とは出店者側のイベント名称なんですね。

なので当日は出店されている真ん中ではセッション風に音楽がずーっと生演奏されておりました。

みなさんの気持ちのおかげで何とか開催時間内は天気も持ち、とってもさわやかなきもちいい一日になりました!

というわけでリンバージャック屋さん目線でのレポートです。

当日は午後から雷雨なんて怖い予報が出てまして(夕方のお店の撤収後からスゴイことになりましたが・・・!)

どうなるかなぁ~なんて思ってたのですが日中はとても良い天気。

出店場所も今回は実験的に好きな場所を選ぶっていうわけで、お友達のミュージシャンだけど今は凄い木工作家さんになってる名古屋のテルさんのお隣、

テルさんのお店は此方です。

ステージが見える位置に出店させていただきました。

こまちゃんもごきげん。

うちの子供ではありません(笑)
此方はへんてこアニマルシリーズ

出店の合間にセッションに合わせて音をだしたり。

左から名古屋のバクパイパー、山ノぼうしのテルさん、ワンモアパイントのバンジョー弾きさん、私たちGinger Mummyのトヨアキさん
いい感じ〜〜♪
既に売れているところは空席

一人静かに合わせてみたり♪

遠方からの久しぶりの方にお会いできたり!

木津川のキチキチカフェに関わっていらっしゃるユカさん

充実した時間を過ごしながらの出店ができました\(^o^)/

実際にはプライバシーの問題があるので、写真や動画をほとんどアップできませんが。

ちょっとした保育園状態くらいにお子さんがわんさか来ていただいて。

たくさんのかわいい笑顔のパワーをいただきました!

そしてこんな感じにみんなでダンスしたり。

こまちゃんも自主練に励んでおりました、笑

なんだこれ?腕立て伏せ?!笑っ

他にも出店者さんたくさんでしたが、時間が全然なく、しかもどこも行列でお昼ごはんも食べれませんでしたぁ〜〜(°_°)

トイレ休憩に通り過ぎたステキなお店!

その場でキャラメリゼ!
チャイ屋さん!飲みたかった!
靴磨き屋さんまで!
主催のタコとケンタローさん

この日はシンクロが多く、普段なかなか会えない遠方の方々に会えた日でした!( 木津川、名古屋、京都←私たち中々行かないので…)

うれしかったなぁ!

個人的には10年ぶりにバッタリ会った人もいて、びっくり仰天な日でした〜〜!

来てくださったお客さま、久しぶりに再会できたお友達、主催者のみなさま、本当にありがとうございました!

来れなかった方は、通販もしています。

メールにてお問い合わせくださいませ。

neo.limberjacks@gmail.com

次の日みた夕陽

・・・ここからコマの日記・・・

今回のイベント出店で、ネオリンバージャックの可能性をまた感じることができました。

子どもゴゴロを忘れない大人のみなさんと、

楽しいことが好きな子どもさん、

そんな人に人気なネオリンバージャックですが、

なにより、内気でおとなしいお子さんがリンバーをし始めた途端に目が輝き出して、普段の自分では表現できないことをリンバーで表現するような場面にたくさん出会いました。

リンバーは代弁者になれているのかも。。。

本当は、

もっと元気に表現したい!

踊りたい!

おしゃべりしたい!

そんな子供の気持ちが伝わってくるようでした。

静かな子どもが延々と飽きずにリンバーを動かし続けていたり、

すごく大胆に踊らせていたりするのを見ると、

踊らせ方でその子の本性、素の姿が見えるようでおもしろかったです。

お節介おばさん、コマ(ペイント担当)はいろいろ考えてしまいました。

それは私自身を見ているようだったからかもしれません。

リンバージャックのダンスのおかしさ、楽しさで、

子どもの心を溶かして、

子どももリンバージャック のように踊るように人生を楽しめるようになったらいいな!

そして、子どもが大きくなった大人も・・・。

そんな願いを込めて、これからも一つ一つ大切に製作していきたいです。

そのためにも、私自身が子ども心、遊び心を忘れずに、楽しんで作っていきたい。

そんなことを思った1日でした。

みなさん本当にありがとうございました♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする